オーディオ&ビジュアル

高音質で音楽を楽しむ。

家で映画館の様に映画を楽しむ。

お風呂で!寝室で!キッチンで!

 

以前はホームシアターや全館オーディオは非常にコストのかかる設備でした。

今はネットワークオーディオや、テレビやプロジェクターの低価格化で気軽に楽しめる様になりました。

住宅を考えるときに、ネットワークオーディオやホームシアターを設計の中に入れる。

住宅を営業するときに、「見せるもの」として利用する。

工務店業務にとって非常に強力な武器となります。

 

お問い合わせはこちらから


ネットワークオーディオ

ネットワークオーディオ

 

高音質で便利!日常に新しい音楽の形。

 

ネットワークオーディオは、一台のミュージックサーバーに、数百曲、数千曲もの音楽データを保存し、この音源をネットワークオーディオプレーヤーで再生する、新しいオーディオのスタイルです。
音質の良さ、操作のしやすさなど、これまでのオーディオシステムにはなかった数多くのメリットがあります。

 

CDより高音質

 

CDに保存されている音声は、原音をサンプリング周波数44.1kHz/ビット数16bitで収録した、最大74分のデジタル音声です。

これに対しネットワークオーディオでは、ハイレゾ音源の再生に対応したネットワークオーディオプレーヤーにより、サンプリング周波数192kHz/ビット数24bitといった、CDの数倍もの情報を用いた、なめらかな音色、臨場感あふれる豊かなサウンドを楽しむことができます。

また、CDに保存された音源をミュージックサーバーにコピー保存し、ミュージックサーバーから再生すれば、CDの回転音が一切聴こえず、純粋に音楽だけを聴くことができます。

 

聴きたく見たくなったらすぐ入手

 

CDからコピーするだけではなく、国内・海外のインターネットの音楽配信サイトを利用して、ダウンロードした音楽も、ネットワークオーディオとして再生することができます。現在では、従来からあるMP3やAACといった、CD収録音からの劣化(ロス)を伴う音源だけでなく、CDクオリティそのままの音源(ロスレス音源)や、CD以上の品質でマスタリングされたハイレゾ音源も販売されており、手軽に手に入れることができます。

CD・DVDレンタル店舗に行く必要がありません。

ディスクの保管場所がいらない

 

ネットワークオーディオでは、音源はすべてミュージックサーバーにデータとして保存することができ、再生時も、CDと同じように、ジャケット画像を見ながら選ぶことができます。1台のミュージックサーバーにおよそ約365時間以上の音源を保存できます。音源をすべてミュージックサーバーに保存すれば、CDをリスニングルームに置かなくても、いつでもどこでも再生することができます。

どこでも音楽や映像を楽しめる

 

ネットワーク対応のオーディオ機器があれば、ミュージックサーバーに収録された音楽データを、ネットワークにつながったすべてのオーディオ機器で再生できます。オーディオルームではオーディオプレーヤーで。リビングではAVアンプで。タブレット端末で。パソコンで。それぞれの機器にメディアをセットしなくても、一台のミュージックサーバーからすべての機器へデータを配信し、ひとつの音楽を各部屋で共有して楽しむことが できます。各部屋の機器で別々に再生するだけでなく、複数の部屋の機器で同時に再生することもできます。


ホームシアター

ホームシアター(米home theater、英home cinema)は、家庭 (home) に大画面テレビやマルチチャンネルスピーカーなどを設置し、まるで小型の映画館 (theater) であるかのように設備を組むことである。『Wikipediaより』

ウィキペディアでは、このように記載されているホームシアター。

一般的にはプロジェクターとスクリーンを用いた80inchを超える大画面と、5.1ch以上のマルチチャンネルによるサラウンド再生が組み合わさったスタイルが多いです。

とは言え、オーディオ再生を重視する場合は2chのスピーカーを導入するなど、目的や環境により組み合わせは自由に選択できます。

日本ではリビング兼用のシアタールームと、映画に集中できるようなシンプルでソリッドな専用ルームが人気です。

ENABLEはホームシアター機器の販売をはじめ、天井や壁面への取り付け、ケーブル類の配線・接続と引き回し、画質~音質の最適化、コントローラーの設定など、実際にホームシアターを稼動させるのに必要な作業の殆どを承る事ができます。

 

ホームシアターのここが良い

 

● 好きな映画を繰り返し何度も見ることが出来ます。

● 映画館と似た音声方式で、場合によっては映画館よりも効果大です。
● 大画面を独占。自分の都合で一時停止も可能です。
● 礼儀を知らない迷惑な観客に観賞を邪魔されません。
● 映画館に行く必要がなく、時間を有効に使えます。
● 現在は映画館で公開していない映画を見ることも出来ます。
● 映画以外のソースも大画面で試聴する事が出来ます。

 

映画や音楽を、心行くまで楽しめる憧れのホームシアター!プロジェクターやディスプレイ、サラウンド方式も進化を遂げ、今や成熟期を迎えつつあります。

しかし、いざホームシアターを導入しようとなると「何から始めればいいんだろう?」という具合に、クエスチョンマークが浮かんできませんか?

ホームシアターは一般の家電製品にくらべて多少の専門知識を要します。

疑問に思う部分が出てくるの当然のことかもしれません。

 

・何から手をつけていいかわからない

・ホームシアターができるのだろうか?

・一体どのくらいの予算が必要?

・AV機器の事はよくわからない!

 

などなど、今まで考えた事のない分野ですので、わからない事は多いと思います。

ぜひ、ENABLEにご相談ください。

 ホームシアター、ネットワークオーディオの構築から、見せ方、説明まですべてに対応いたします。お気軽にご相談ください。